FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴38年、推拿歴13年、太極拳歴11年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回は、血流障害には様々な要因があると述べたところで終えたのであるが、その続きです。

整体師という仕事を通し、私の経験から感じていることは、血流障害には「糖質」の取りすぎが最も関与しているということです。
最近はこの問題も広く知られるようになってきましたが、糖化、グリケーション、AGEs、等で検索していただくとわかるように、女性が気にする“顔のシワ”から“高血圧”“脳梗塞”“心筋梗塞”“糖尿病”“アルツハイマー”まで、すべて(ご飯も含めて)糖質の取りすぎが原因です。
私が、このことに気づき、糖質制限を始めたのが2012年6月16日からです。
 私が糖質の過剰摂取が体に悪いと気が付いたのは、60歳で定年退職し、長年の夢であった「気功整体」に携わることとなってからです。いろんなお客様と接する中で気が付いたことですが、通常、背中(脊柱起立筋)の硬さは年齢に比例するのですが、20代・30代で50代・60代並みの硬さの片がいらっしゃるのです。
概ね「主訴」は肩こり・腰痛・頭痛・生理痛です。つまり、血流障害です。
心臓の裏(胸椎8番~10番)がコリコリで、血流を交通に例えるなら、高速道路の入り口が渋滞して、トラックが荷物を運べない状態です。
年齢に比例するので年配者が固いのは何の疑問も持ちませんでしたが、さすがに「な、なんだ、これは!」と疑問を持ちました。
肝臓の裏側(右側)も硬いので、もしかして!と閃きました。
そして、おそるおそる聞いてみたのです。
この続きは、また明日のこころだ!。 .
スポンサーサイト
死因のグラフ
しばらく「食と健康」をテーマに書いてみたいと思います。
泉重千代氏の長寿記録に挑戦しようと大それたことを考えていますが、現実には沢山の壁があります。
生活習慣病はその最たるものです。
三大成人病と言われた、

1.癌
2.脳卒中
3.心筋梗塞

はじめ、医学の及ばない(と現在、」思われている)難病まで。
しかし、“源”はそこに対策の足掛かりを見つけました。
整体師をやっていればこそ気づいたのですが、

キーワードは「血流(blood flow)」です。

三大成人病(生活習慣病)の死亡割合は、日本人の6割を占めており、10人の内の6人は、三大成人病のどれかに罹って死亡しているのが現実です。
死亡率ではなく患者の数で見ると、日本人患者数の多い病気の順位は、2008年の調査結果、1位高血圧、2位虫歯や歯周病、3位白内障等と並んでいます。
これらはいずれも血流が悪くて発病するものです。

歯周病や白内障が血流と関係あるの?と思われるかもしれませんが、首の血流と大きな関係があるのです。
血流障害には様々な要因がありますが、この続きはまた、明日のこころだ!

食と健康

すっかり春らしくなりましたね。
晩酌もウイスキーのお湯割りからハイボールに変えました。
TV_CMの影響をいち早く受ける“源”の生活習慣は相変わらずですが。

生活習慣と言えば、日本人の6割がこれで死ぬといわれる「三大成人病」が脳裏をかすめます。
何を隠そう、じつは“源”は「健康おたく」なのです。
今迄、秘密にしていましたが・・・・・うぅむ・・・秘密にするほどでもないか?・・・・・

尊敬する人物は「泉重千代翁」です。
100歳の時のインタビューで長寿の秘訣は?と訊かれて「酒とタバコ」と答えています。
110歳の泉重千代 長寿の秘訣
往年の泉重千代翁
インタビューでは長寿について「タバコはよくない、私も4年前にやめました」と答えています。
120歳でギネスブックに載ることになり、女性レポーターが取材した時。

レポーター :「長寿の秘訣はなんですか?」
泉重千代  :「酒と女かのぉ。」

レポーター :「お酒は何を飲むのですか?」
泉重千代  :「黒糖焼酎を薄めて飲むんじゃ。」

レポーター :「では、女性はどういうタイプがお好きですか?」
泉重千代  :「やっぱり、年上の女かのぉ。」

“源”は思いました。この人、頭は正常だ、この齢で・・しかも機智に富むユーモア。
これを機に、健康について考えるようになりました。

整体の施術が終わってから、お客様が「先生の気功のキメのポーズを見せてください」とおっしゃった。
気功に興味のある年配の女性である。
一指禅功の基本である「馬歩椿站功」をして見せたら、「それってスクワットじゃないですか!」とあまり歓迎されない様子。
教室でも「太極拳」は人気だが「一指禅功」は人気がない。
うぅ・・・む。
違うんだけどなぁ・・・・・

ようやく春

今年の新潟の冬は、おかしな冬だった。
とても寒いのに、雪が降らなかったのである。
実は、降らなかったのではなく風が強いため平野部には雪は降らず、その分山手のほうに余計に降ったのだ。
ともあれ、通勤には楽な冬だった。
ようやく春めいてきた。
うれしいな。
(^_^.)

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。