FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴38年、推拿歴13年、太極拳歴11年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"気"とは何か

しばらく、気功に関することに触れていなかったので、小生の本分でもある"気功"について触れてみたい。
始まりは、"気"とは何か?・・・・・である。

"気"とは何か。

と、問われた場合、いろんな解釈の“気”が存在するため、答えは人それぞれで、一様ではない。
ここでは、気功や中医学、レイキなどにおける「人体の“気”=内気」を主として扱って行きたいと思うので、人体の生命力の根源的なエネルギーと定義したい。ヨガでしばしば登場するサンスクリット語の prana(プラーナ)も同じく、生命力を意味する同義語である。

一般的な概念では、気は目に見えず風のようなものであるが、気功や中医学で言うところの気とは 不断に運動を続ける大変強力な活力を有した精微な物質である。・・・・・と中国の人たちは主張している。
また、「気は物質であり見えるもの」・・・と、中国や日本の気功師達は言う。
私も気功師の端くれであるからから、“気”は見えるが、見ようとすれば見えるけれどもいつも見えているわけではない。
あるいは脳が作った虚像=仮の映像かなと思うこともあるが、条件によってははっきりとカラーで見えるので、虚像ではないようだ。

写真に撮ったことはないので、映像として映るかどうかは分からないが、映るような気がする。
条件がそろえばそれほど鮮明に見えるのである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/108-162fc682

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。