FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴40年、推拿歴15年、太極拳歴13年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


さて、気功と“気”について話したところで、今日は「気功の種類と目的について」である。
これを知っていただかないと、次に進めないのである。

気功はその目的によって、医療気功(仏教、道教等の宗教気功を含む)としての「軟気功」と、武術気功としての「硬気功」とに大別される。太極拳も硬気功に属すわけだが、太極拳は太極拳であり気功の一派ではないと言い張る者もいる。
 
軟気功は、 「内気功」と「外気功」とに分けられる。


 
「内気功」は自分で行う気功で養生功ともいう。 それに対して、内気功で養った気の力を外に出して、他人のために気を与えるのが「外気功」である。

中国の病院では内科、外科と並んで「気功科」があり、そこでは、患者に外気功を施す一方で、 患者が自分で自分の気を養っていく養生功を教えている。

また、体の使い方によって、体操のように身体を動かす「動功」や、 座禅のようにじっと動かないで行う「静功」がある。

いずれもその目的は基本的には同じで、身体の中で気を整え巡らせ、 血と津液(血液以外の体液-リンパやホルモンなどを含む)の循環を良くし、病気の原因となる滞りを除くことである。

つまり、気功とは「血流を良くする技術」である。

もちろん、なかには「特異効能」を目的とする人もいるが、本来それは結果としてついてくるものであり、目的ではない。
By:気功整体・癒しの空間
  カイテキオリゴの口コミ&体験談総まとめ


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/115-60532884

 | BLOG TOP |