FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴38年、推拿歴13年、太極拳歴11年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日の続きです。
私がなぜ悲しくなったか?
問題点は2つあります。

 登場人物の内、
①質問者が気功を感じることが出来なかった点
②回答者が端から気功を信じていない点
です。
①については、施術した気功師の能力を疑ううこともできますが、何件(何軒の間違い?)か行ってみたということなので、ここは「質問者が"気"を感じることが出来なかった」と判断するべきでしょう。
②については、回答者が何故、気功を信じないか?が疑問ですが、私が悲しくなった理由はそうではなく、現実に相当数の気功整体院が存在し、それなりに皆さんのお役にたっているのに、何の根拠もなく気功を否定する人が存在すると言うことです。

 確かに、大勢の気功師の中には明らかに能力の劣った(自分では能力があると勘違いしている人と、能力は無いのに有るふりをする人の両方を含めて)自称気功師がいることは確かです。
また、中国の改革開放政策の直後、日本に大量に押し寄せた雑技団(マジッシャン)のことを"気功師"と紹介したマスコミの責任もあります。

 “気”を感じるのは“感性”です。個人により能力に差はあるようです。
自分が感じることが出来ないことを棚に上げ、それを職業とする人に対し、「超能力念力が存在すると信じさせる呪術である」と詐欺師まがいの侮辱に情けなくなってしまったのです。

 次回は感性の差はどこから来るかですが、この続きは、また、あしたのこころだ・・・・・
By:気功整体・癒しの空間
  メニエール改善
*****
 CM
*****
カイテキオリゴの口コミ&体験談総まとめ
Get Moneyでポイントためて換金しよう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/124-3cce0287

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。