FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴38年、推拿歴13年、太極拳歴11年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーむ、すっかり春だ。
天気も良くて、高速も¥1,000円になって、連休はきっとごった返すだろうな。

さて、連休初日の昨日の早朝、庭木いじりをしていたら、長男夫婦が孫を連れて、いきなりやってきたのである。

なんでも、会社の部下の身内の方が郊外でパン屋さんをやっていて、時々もらい物をしているので、お世辞に「今度買いにいきますよ」といったものの、約束を反故にも出来ないので今朝、買いにいってきたとのことである。

“来人”にとってそんなことはどうでもよいのであるが、孫が遊びにくるのは嬉しいので大歓迎である。
保育園年長組の彼にとって、“源”との遊びの中で、一番喜ぶのは「トランプの絵柄当て」である。

ご存知のようにトランプは、4つの絵柄があるので、本来、あたる確立は1/4(25%)であるが、“源”と孫との遊びではほぼ50%である。

丹田を意識して天目を精査すればもっと当たるのであるが、孫は「じいゃん、はい、つぎ、・・・・はいつぎ、」と立て続けなので、一瞬の判断で返答しなければならない。

当たりが多ければ“源”の勝ち、はずれが多ければ“孫”の勝ちである。
今回は“孫”の勝ちであった。

面白いのは、天目で見えるのは絵柄そのものではないことである。
たとえば、♠の場合、剣の柄の部分(握り手)は見えないので一見ハートの様に見えるのである。
◆はほぼそのまま見える。
♣は雲のように見えるという具合である。

25%が50%になることは確率的にはかなりすごいことなのだが、孫にはまだその意味は良くわかっていないらしい。

やがて大人になったとき、「なんで じいちゃん は、絵柄が分かったのだろう。」と不思議がるだろうな、・・・・と、ひとり想像して心の中で喜んでいるのである。

透視などの能力を否定する人がいるが、誰しも持っているものなのである。
“気感”や“オーラ”などもその類で別に不思議なものではない。
某名誉教授のように全面否定するかたもおられるが、自分にその能力が無いからといって、他人まで無いはずだ、と決め付けてはいけないのである。

では、なぜ、見える人と見えない人がいるのかは、またあしたのこころだ、・・・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/58-46aaed48

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。