FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴40年、推拿歴15年、太極拳歴13年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


-霊気療法-

久々に“霊気”について語ってみたいと思います。

ーはじめにー
掌(てのひら)を当てるだけで病気がよくなり、健康になれる。
医者も薬も健康器具、健康食品など一切使わず、免疫力を高め、女性は美しくなれる。
場所を選ばず、時間も問わない、・・・・・「霊気療法」は自分自身の健康を守るとともに、真心(まごころ)と愛情をもって、あなたの大切な人の心身両面の悩み・苦しみを取り除く、古くて新しい「療法」です。

 現代の西洋医学は技術の革新が著しく進み、新薬の安全性も向上したことは周知の事実ですが、臓気移植やクローン技術などに見られるように、専門性に特化するあまり、「木を見て森を見ない」傾向が一段と強まったといえるのではないでしょうか?。

 その結果、臓器に症状が見られないもの、検査で結果の出ないものは、原因不明、または異常なしと診断され、難病・奇病は、手の施しようがないのが現状です。
東洋医学には、「未病」と言う概念があり、「漢方薬」・「鍼灸」や「気功整体」 などが、その部分を補っている感がありますが、人間も含め、生物には「自然治癒力」という大きな力があり、その大きな力を引き出す方法のひとつが「霊気療法」だと思うのです。

 “霊気”の創始者である臼井甕男や、林忠次郎、タカタハワヨなど霊気の先達は皆、自分の治療院を持ち、悩み・苦しむ人々を救ったと記録にあります。西洋霊気普及の先駆者であるタカタハワヨ氏も、もっぱら治療に専念し、普及活動を始めたのは、体力の限界を感じた晩年からであると言われております。

 しかしながら、現在の日本におけるレイキの実態は如何でしょうか?。
高額の伝授料金や著作を生活の糧とし、自己の流儀で本来無かったものを付加し、商品化しています。
その説明においては、稚拙で笑止千万と言わざるを得ません。
 
 どうせ、“気”など、わかるものは少ないのだから、「言ったもん勝ち」だといわんばかりです。
もしかして、言っている本人も“気”を知らないのではないか?と思える記述も多数あります。
“気”を感じることのできる人は結構多いのです。また、“気”はわからないまでも、「なにか、違うんじゃないの」と感じている人はもっと多いでしょう。

 “霊気”は療法です。
この度は、気功師:“源” の感じたままをシリーズで綴ってみたいと思います

-霊気療法-
科学技術の進歩は目をみはるものがありますが、正常な判断力の持ち主なら「霊気療法」など、「何を、今更!、」と思われることでしょう。
しかし、「霊気」をはじめとする「各種手当て療法」は、人類が最初に試みた、最古の「療法」でありながら、自然治癒力を高め、人を健康に導く、もっともシンプルで効果的な方法なのです。


-人は大自然と一体で生きている-
宇宙の万物は一瞬の休みも無く、循環・代謝を繰り返しています。
人間は、小さな存在ですが、この大自然と同じルーツ(同根)をもち、同じ方向性を持ってシンクロしているのです。
すなわち、自然に従い、順応することで、循環・代謝が正しく行われるのです。
このルールから外れたとき、体になんらかの違和感を感じ、場合によっては「命」を失うことさえあります。

大宇宙とシンクロする窓口は2箇所、体表すなわち皮膚全面(東洋医学では肺も皮膚の一部である)と、口から肛門までの一本の管です。
この二つの接触面を通じ、人体はたえず空気や食べ物を摂取し、生産されたエネルギー(生命力)を体内に循環させ、一個一個の細胞に栄養分を与え、代謝によって発生した老廃物や毒素を排泄するのです。

自然界には、この排泄した老廃物や毒素を必要とする生物がいて、代謝・排泄が相互に円滑に交流して、人間をはじめ、あらゆる生物がバランスよく生きているのです。

この、自然界に循環する生命エネルギーを中国や日本などでは“気”と呼んでいます。
「手当て療法」は、この“気”を感じ、コントロールして活用することにより、病弱者の自然治癒力を活性化させ、健康に導く方法です。

「霊気療法」は臼井甕男氏が提唱した「手当て療法」の一つであり、ギリシャの医祖・ヒポクラテスや、釈迦、キリスト、達磨、弘法大師が行ったとされる「手当て療法」と同じルーツ(同根)をもち、同じ方向性を持った療法であり、決して「レイキ」だけが特別の存在ではありません。

ここのところを勘違いすると、高額のお金を支払ったにもかかわらず、何も得るところがなかった、・・・と不満を漏らすことになりかねないのでご注意申し上げます。

ということで、次回からシリーズで、「霊気療法」の理論と具体的な方法を述べてみたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/66-ba5582d5

 | BLOG TOP |