FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴40年、推拿歴15年、太極拳歴13年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


-霊気療法2-

-霊気療法2-
「霊気療法」は“気”の療法です。
“やる気”、“治す気”が強い人が手当てのコツをしっかりと学習すればかならず会得できます。
気をつけなければいけないことは、西洋医学にも難病奇病があるように、「霊気療法」でも、どうにもならないものもあることを自覚することです。
「霊気療法」は西洋医学のように対症療法ではありません。
すなわち、特定の病気を治す療法ではなく、人体の“気”の流れを旺盛にし、整える療法だからです。
同じ病名の甲さんが快癒したからとて、乙さんも同じように治るとは限りません。
施術者、被術者相互の“気力”の強弱によって効果が違ってくることもあるわけです。

痛みや、苦しいところに掌を当てて治してあげたりして、相手から感謝されると「自分が掌を当てればどんな病気でも治せる」などと、過信したがるものです。
WEBでも、そうした勘違い男(あるいは女)のページを見て、引っかかる人がいなければ良いが・・・と心配して気をもんだりします。
こうした、安易な考え方は絶対にしてはいけません。

どこまでも謙虚に、相手と自分の自然治癒力を信じて無心になって、生命の知恵にゆだねるのです。
修行が足りず無心になれなければ、一心でもかまいません。
そう、治したい一心です。
一心になれない人、邪心や功徳心があっては、治療はできません。

あるレイキの先駆者が出版物に「レイキの10大特徴」と言うものを記したところから、それが当然のように受けとられている現状がありますが、その中で、冒頭に「トレーニングや修業・訓練が不要で誰でもアチューンメントを受ければ、「レイキ」のエネルギーを受けて、自分にも、相手にも流すことができる」とありますが、ただ、アチューンメントを受けただけで、霊気治療ができる人を私は知りません。
“気感”(病感とも言います)といいますが、“気”が流れる感覚を知らなければ、相手の病腺(患部から発せられる病気の信号)も知ることが出来ないからです。
通常、修養を積んだ人の掌からは、旺盛な“気”が出ています。
被術者の患部は、通常“気”が不足していますから、磁石に引っ張られるような感覚が出てきます。
あるいは、陽気が亢進して、跳ね返すような反応があることもあります。
冷たく嫌な“気”が出ていることもあります。
たった1度の霊授(Attunement)で、これらがわかる人が本当にいるのでしょうか、疑問です。
そろそろ、目を覚まして頂きたいものです。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/67-9a75d878

 | BLOG TOP |