FC2ブログ

プロフィール

気功師:“げん”

Author:気功師:“げん”
名前 :“げん”

年齢 :団塊世代

職業 :整体師(定年リタイア後)

気功暦:20代で仕事上のストレスから重度の胃潰瘍となるが、「シュルツの自律訓練法」及び「自己催眠法」を習い、手術を免れる。

30歳で気功に巡り合い、練功歴40年、推拿歴15年、太極拳歴13年
MEINSITE:気功整体・癒しの空間


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログランキング参加中


7pic.jpg
8pic.jpg
昨日の続きです。6pic.jpg


第四日
四十分から五十分位が適当。
静座・合掌して御製を奉誦すると、前日の心理状態が心に早く浮かんでくるようになる。従って静座気分も早く整ってくる。合掌の手掌も同じように発霊して来る。
二十分位静座が進んだときに、今度は両手を第六図のように握り合わせて膝の上に置き、静座を継続していると発霊の調子が合掌のときと同じようになってくる。
約十分間位過ぎたら、再び、合掌に移ると一層発霊の調子が整ってくるのである。
更に十分間位合掌した後、今度は第七図のように掌を直角にして、右手を左掌内と二・三寸位隔てをおいて静座に気分でいると左掌内に一箇所細い風が当たるように涼しく感ずる所があるが、これは右手の中指を中心として放射している霊気が左掌内に当たるために感ずる感じである。従って左掌内随意のところに換えれば、其の換えたところに其の感じが移動してゆくのは当然である。
これらの練習を静座を交えて行うことは、発霊、及び霊感を体得するに大変有利である。この練習を行うとき、最初の内はなるべく閉眼のほうが良い。
この練習を終わるときは再び合掌に帰り、更に御製一首を奉誦して、其の日の静座を終わる。

第五日
一時間ぐらいが適当である。静座の要領は前日の通り進めなければならない。
御製を奉誦して約二十分間静座・合掌していると霊熱も霊波も調子よく発動してくるから今日も前日と同様の練習を二十分間位するのも良い。
それから合掌に移って、また二十分位すると発霊の調子が整ってくるから其のとき、第八図のごとく肩の「コッ」ている人の肩に右手を当てて左手は膝の上におき、今までと同じ気分になって、約十五分間位手を動かさず、一箇所に当てたままいると手から出た霊気が肩のコッた人に移っていくために(治療)手を取ると肩が軽くなってよい気持ちになり、「コリ」が解けるのである。
この時、肩に当てている右手にビリビリ「痺れ」のような感じがするがこれを「病感」と名付けている。
もし、其の病感が分からなかったら、右手を肩につけたままで左手(膝の上の)と其の感じを自分の心の内で比較してみると、感じが異なるものであるが、其の異なる右手の感じが皆、病感である。
この程度できるようになったら初歩としてはまず、卒業である。
この基礎を尊重してこれを幾回となく繰り返し、繰り返し、数多くすれば立派な治療が出来るようになる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dandyright.blog82.fc2.com/tb.php/69-c8d24a48

 | BLOG TOP |